2010年06月16日

僕は日本代表を応援しています

(怒号)「おらー、待て、コラー!」

ダッダッダッ……(走る音)

「ハァ、ハァ、ハァ……」

「捕まえたぞ、こいつめ!」

「うわぁっ!」

「こいつか! サッカーに夢中になっていないという犯罪者は!」

「ゆ、許してください!」

「身分証をよこせ! ……なになに……スズキ、か……職業はライター……うさんくせえ野郎だ。非サッカーファンにふさわしいぜ」

スズキ(以下ス)「ぼ、僕は決してそんな……!」

「んあ〜? じゃあお前、サッカー日本代表を誰か挙げてみろ」

ス「さ、サッカー選手……? や、柳沢……?(本気)」

「……ククク、お前なりに頭を捻ったんだろうが、残念だったな」

ス「えっ!? ち、違いました!?」

「ちなみに、その柳沢のフルネームだけでも言ってみろ」

ス「えっ……? えーと、や、柳沢……」

「ふむふむ」

ス「し、慎吾……」

「ぜんぜん違うわ、この外道が!」
ガッ!(蹴り)

ス「うああっ!」

「(チャッ)脳天に風穴を開けられたくなかったら、急いで他のサッカー選手の名を言うんだな」

ス「え、えーと……アルシンド……柱谷……」

「古すぎる! 今の代表を応援しろと言っているだろうが!」

「……お前、いくらなんでも本田くらいは知っているんだろうな?」

ス「あ、はい! 知ってます! 本田泰人ですよね!? 元アントラーズの!(真剣)」

「……貴様はいつの人間だっ!」
ドゴッ(蹴り)

「……おい! ゲバ棒持って来い! 総括してやる!」

ス「……そ、そんな! もう勘弁してください!」

「うるさい! サッカーファン以外は人間にあらず!」

ス「そ、そんなこと言ったって、あなたたち、この間まではフィギュアスケート世界卓球だって……ぜんぜんサッカー一筋じゃないじゃないですか! どうしてそんなにホイホイ移り変われるんですか?」

「え、ええい、うるさい! 逆らうか!」
ドカッ、バキッ、ドゴッ……。

「サッカーを応援する俺たちは12人目の選手なのだ! 貴様のような一般人とは身分が違うのだ!」

ス「え、12人目の選手って、具体的にはなにを……?」

「まだ逆らうかっ!」
ゲシッ!

ス「ぐはぁっ! う、ううぅ……どうして、どうしてこんな目に……日本はいつからこんなに自由のない国になってしまったんだ!」

「ええい、まだ言うか!」
ドゴォッ!

ス「ぐわぁっ!(ドサッ)」

「ふん、気を失ったか……いいか、次にツラを見せるときにはサッカーファンになっておけ!」

「ついでに、次までにワルシャワ労働歌も覚えておけ、この糞が! 貴様など、サッカー応援という大義を生かすための駒にすぎんのだ!」

ス「うっ、うぅぅ……どうして……いつの間に世の中はこんなことに……僕の知らない間に、どこかで洗脳講習会でもあったというのか……?」

ス「いつの日か、我が国でもサッカーを見ない自由が許されますように……自由がやってきますように……」



というわけで、こんにちは、スズキです(前置き長ーい)。
いやー、盛り上がってますね、世の中。
もちろん、もちろんスズキも社会の一員としてノっておりますですよ。
ですから言うまでもなく上記のお話はフィクションであり、スズキの趣味や思想とはまったく関係がございません。ございません。

スズキはサッカー好きですよ。応援してますよ。へへへ(卑屈な笑み)。
がんばれ! ブルーサムライ! ……いや、ジャパンサムライ? ブルージャパン? ……とにかくそんな感じの愛称の日本代表の皆さん、応援しています!

12人目の選手と言われるサポーターの皆さんもがんばって! スズキは門外漢なのでよくわからないですが、12人目の選手ってくらいですし、なんだかすごく泣いたり叫んだりされているので、見えないところですごいお仕事をされているのでしょうね。

とにかくがんばれー! オーレーオレオレオレー(精一杯のサッカー応援知識)。
トリプルルッツ、成功するといいですね!
posted by スズキ at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。