2006年05月27日

打ち合わせのあと:お東陽先生と工藤監督写真

スズキでございます。
昨日の打ち合わせのあと、記念写真などパチリといたしましたので、小さいですが掲載いたします。

右からサングラスにヒゲの人、眼鏡の人、ヒゲに眼鏡の人。
右から工藤監督、お東陽先生

説明になってないですね。右がダーティ工藤監督、真ん中がお東陽先生です。左は気にしないでください(クリックで拡大します)。

ひとつ言っておきたいことは、3人とも実物のほうがイイ男だということッ・・・信じてほしい・・・そうだ、これは何かの陰謀・・・! 悪霊とかの・・・。

ですから、お願いですから写真で拒否反応を示さず、会場に足を運んでくださいませ。もちろん、実物を見た後の感想やクレームは一切お断りしますが。
褒められて伸びるタイプ。厳しく言われると舌を噛んじゃうタイプ。

ちなみに、お東陽先生の右肩に乗っているのは心霊写真を演出した監督の手です。おちゃめ。


posted by スズキ at 02:33| Comment(7) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 真ん中の眼鏡の人が脅され、無理やり連れてこられて写真を撮っているように見えるのは、俺だけだろうか。
Posted by ばりゅう at 2006年05月27日 18:03
>ばりゅうさん
僕もそれは気になっていましたw
東南アジアのバーに連れ込まれて「支払いはコノヒトネー」とか言われている雰囲気もあります。
でも主役なんです。

ちなみに左の子はいい子です。むしろ引っ込み思案なくらいで。僕が言うのだから間違いないです。

もちろん右の方も良い人です。でも「殺人無頼帖」などの映画を撮っておられます。
Posted by スズキ at 2006年05月27日 18:28
なんですか、この男汁全開の写真はっ!

僕にはむしろ真ん中の先生がインディーズプロレスのファン、両側が会場でTシャツを売っている選手に見えましたよ。
 
 う〜ん6/9が楽しみだ。
Posted by シュー at 2006年05月27日 18:34
>シューさん
おっしゃるとおりでしてw
僕が言うのもなんですが、主役でありながら最もオーラを消しているのがお東陽先生なのです。
プロレスファンというのも、いい表現ですね〜。

でも、そんな方だからこそ内圧が高まって、ペンに力がこもるのではないかと。
僕自身も活発ではないので、こんなお東陽先生のお人柄が大好きでございます。
Posted by スズキ at 2006年05月27日 19:36
こんばんはー。はじめまして。
面白くて、過去の頁まで遡って読ませてもらいました。

この写真、当方の解釈といたしましては・・

真ん中が元組長。お忍びでカノジョと隠密旅行にしけこんでたところを、自宅からの刺客もとい屈強ボディガードの2人にとらえられ自宅へ強制送還。

玄関先で仁王立ちの極妻ににらまれた際のマグショット、といったとこでしょうか。

はにかみ笑いの元組長と、誇らしげなボディガード。

これからもまた遊びにこさせてもらいますね。


Posted by barrymorexx at 2006年05月27日 21:32
んふふww

みなさんのコメントが
えらいおもしろくて
ひとりで にこにこしちゃいましたあ
(*^v^*)

いいなあ 
ちいもイベントゆきたいなああ
Posted by ちいたん at 2006年05月27日 22:05
>barrymorexxさん
たいへんありがたいコメント、恐悦至極でございます。
読み返すと「僕は駄目なやつです」と連呼しているだけなのですけども・・・。

写真の解釈、いろいろ面白いものが出ますねえw
ネイキッドロフトの照明もあいまって、怪しいですよね。なんとなく猫背のお東陽先生が、いい被害者臭を出しています。
手前のグラスもそんないい小物ですね。
※実物はおとなしいです。噛みません

>ちいたんさん
アクセス数が多いブログではありませんが、少数精鋭といいますか、独特のセンスある方がたくさん来てくださって、僕も楽しませてもらっていおります。もちろんちいさん含め。

ちょっと会場が遠くて、お越しいただけないのが残念ですね。
Posted by スズキ at 2006年05月27日 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。