2006年08月17日

ダーティ工藤監督イベント終了

スズキです。

先日8月14日のイベントには、お盆のさ中にもかかわらずお越しいただきまして、まことにありがとうございました。

開場直後はあまりお客さまが来られず、やはり時期がまずかったか・・・と思ったのですが、皆さま開始直前になって続々来場。結果から見れば、いっぱいのおはこびとなりました。

イベント内容は、ダーティ工藤監督の関わった映像を流しつつ、関係者の方々にダーティ工藤について語っていただくという2時間半。

多くの方々は知らないであろう(少なくとも僕は知らない)ダーティ工藤のこれまでの活動について知っていただく機会となりました。

正直、僕は映画について詳しくないので、工藤監督の口からは知らない人名がたくさん出てきました。会場の皆さまは何割くらい話題について来られたのでしょうかね。
かなり映画に詳しい方もいらっしゃったようなので、ゼロではないと思いますが。まあ、ひとりでもついて来てくれればそれでいいや(弱気な目標)。

で、お東陽先生と僕は何をしていたかと言いますと、まあ大したことはしてないのですが。

お東陽先生の仕事は相づち。独特の間とキャラクターで笑わせられる方ですので、たまに工藤監督から「ね、東陽さん」と聞かれるたびに「そうですね」と答えるだけで笑いが漏れるのです。あとはひたすらレモンサワーを飲むのみ。貫禄です。

で、僕のほうは、お客さんの飲食代がお店の売り上げと出演者へのお礼につながるというので(まあ実質、出演者は無料で楽しんでいるだけなのですが)、飲食を誘発するために舞台でチャーハン食べてました。普通に。どうもすみません。

工藤監督への敬意を持ちつつも、表面には出さないところが仲良しの証明なわけですよ(都合の良い言い草)。

まあ、詳しい内容はさておき、同じメンバーがお送りする2回目のイベントとあって、少しずつ慣れてきているのかな、と感じました。自画自賛。
機会があればまたイベントを開いて、いろいろ試していきたいと思います。
何かあったら呼んでください。映画監督と漫画家とオマケがセットでうかがいます。

簡単ながら報告まで。お越しいただきました皆さま、ありがとうございました。お越しになれなかった皆さまも、今後よろしくお願いいたします。

ちなみに、9月2日から一週間、ポレポレ東中野さんにおいて新作「ふたつの女」と「東陽片岡のあま〜い生活」が公開されます。
どの日に行っても工藤監督のトーク付きとなっているそうなので、ご都合に合わせてぜひお越しください。僕も行きますです。

ほいではまたー。


posted by スズキ at 16:42| Comment(6) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
知らないことがたくさん出てきてもいいんですよ。
その後別の場所で接点のある情報に触れたときに
「おお!これがあれか」
というグワイに興味がドンと出るものなのです。
何年も後になるかもしれませんが。
知性の種まきですな。
Posted by 砂野 at 2006年08月17日 22:33
>砂野さん
僕は漫画に関してはそれの繰り返しですなあ。書店でも、興味のない本でもタイトルと表紙だけだーっと見てきたり。

ただ、工藤監督とのやり取りでは、興味や知識なさげに見ている2人、という構図も好きなので、どうしようかと考えております(笑)。
知ってしまってからとぼけると、また空気が違うでしょうしねえ。
Posted by スズキ at 2006年08月17日 22:48
イベントおつかれさまでしたあ☆

ちいは 監督の紹介される役者さんたち
ぜんぜん しらない方々ばかりだったのですが、
監督のトキオリ発する
ダレも知らないな。まあいいやテキな
発言や、東陽先生の なんともいえない
ふしぎ〜な 間や、そのヨコで おいしそおに
ふつうにチャーハン食べてるスズキたんが
おもしろかったです。。w

やっぱり シャシンより
実際の3人のが インパクトあって
よいですね。。。w
Posted by ちいたん at 2006年08月18日 19:35
>ちいたんさん
遠方からお越しいただき、誠にありがとうございました。感謝です!

おっしゃるとおり、監督の深い映画知識と、それをまったく生かさない状況を楽しんでいただければと思いますw そういう会です、これは。
Posted by スズキ at 2006年08月19日 05:50
スズキさんもこれで立派なイベンター(謎)ですね。
返す返すも行けなかったのが残念であります。次回も期待してます。
Posted by ライター田中 at 2006年08月19日 23:31
>ライター田中さん
ありがとうございます。
イベンターと聞くとメインイベンターという言葉を思い出します。僕も三沢さんのローリングエルボーを避けずに受けられるタフネスを身につけたい。

そういや、うちの近所に相撲部屋ができるそうで。あと、リキプロレスもあります。
Posted by スズキ at 2006年08月20日 05:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。