2006年09月26日

CLAMPさんとお東陽先生

スズキです。

突然ながら、もうすぐ出る「CLAMPニュータイプ」、という特集本に原稿を書かせていただいたのですが。あらすじまとめたり、読みどころを書いたり、ちょっとだけですけどね。



さて、CLAMPといえば、絵もお話も美しい作品を描く漫画家ユニットとして知られているわけで。
2作品もがNHKでアニメ化されているなど、当ブログが仰いでいるステテコ漫画家さんとはいろいろと世界が違う方々です。

あ、もちろん、世界が違うっていうのは、お東陽先生を低く見ているわけではありませんよ! ジャンルが違いますし、偉大な漫画家であるCLAMPさんとお東陽先生を比べるなんて失礼なことです。

それに、比べたとしても、ここは東陽片岡ファンブログですからね。どちらを支持するかなんて、答えは決まっていますし。CLAMPです 言わぬが花ですが。

で、まあ、僕も別に仕事のためにCLAMP作品を読んだというわけではなく、いくつかの作品においては単行本も揃えていて、元々親しんでいたわけですが。
本がしまってある箱の中に、お東陽作品とCLAMP作品が並んでいるのはシュール。

でも、形は違えど、どちらの作品にも根底にはピュアな心があると感じてしまうのは僕の欲目か、はたまた病気か。
全国のお子様には、選り好みをせずどちらの作品も読みながら育ち、清濁合わせて楽しめる人になってほしいと思いますです。

あっ、濁って言っちゃった。いやいや、濁というのはここではお東陽作品への褒め言葉なわけで。スズキは東陽片岡先生を応援しています。
なんか、わざわざ明言することで余計にうそ臭くなりつつさようなら。
posted by スズキ at 04:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誰もが一度は憧れる職業漫画家。その思いを持続し、プロとなられた方々には無条件で尊敬してしまうなぁ、などと今日もパラパラとヤンジャンなどのページをめくっている私です。
中でもお東陽先生のような明らかに効率的でない(良い意味です。念の為)描き方をする作家に惹かれてしまうのはナ二故なのでしょう?自分にはない誠実さや、スズキさんのおっしゃるピュアな心をそこに感じるからでしょうか。
長々と書いてしまいましたが、つまるとこ漫画が好きなのですよ、ボカぁ
Posted by シュー at 2006年09月26日 13:35
 CLAMPさんの作品は読んだことありませんが、TVで紹介されていてはじめて知りました。面白い作品作りをされているんですよね。CLAMPさんと東陽先生、対極にあるような感じですね(笑)。スズキさんは、読まれる作品の幅が広いなあ。
 CLAMPさんと東陽先生の対談なんて実現できたら面白そうだなあ。どうですか?
Posted by バリュー at 2006年09月26日 14:53
お東陽先生=一人手仕事(家内制手工業)
CLAMPさん=数人の分業制(工場型工業)
ということで、どちらも職人さんに変わりはないのではないでしょうか。職人はシゴトに一生懸命だから、どちらもその姿勢がピュアにつながるのではないかと。

だが作品の印象も人聞きも豪快に異なるというのも、厳然たる事実(遠い目)。
Posted by せい at 2006年09月26日 21:56
>シューさん
お東陽先生は、アシスタントさんも使われませんしねえ。ご本人いわく、畳の目などを描いているのが楽しいのだとか。やはり一般とは違う感性をお持ちですよねえ。尊敬。

>バリューさん
作風は対極って感じですよね。どちらも好きなんですけど。漫画とつけばなんでも読んでおりますです。

>せいさん
作品の印象も読者層も大きく違いそうですよねえ。
中高生はあまり読みそうにないですし、お東陽作品。どちらかというと中高年(失礼)。
Posted by スズキ at 2006年09月27日 12:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24438639
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。