2006年11月20日

女の子は、頑張っているのだ。

スズキです。

先日、打ち合わせでとある女性とお話ししておりまして。
お歳は聞いたことがありませんがとても若く元気なその方、まあ実に、季節に合った服装をしてらっしゃいまして。ファッション誌に出てもおかしくないような秋の装いです。

その当日は11月にも関わらずなかなか暑い日だったので、対する僕は半袖シャツでした。
小学校時代、雪の降る日にも半ズボンで登校していたスズキ君。倍以上の年齢になったというのにいまだ季節感が身についておりません。

でもやはりこれは、体型もあるのでしょう。何せ僕は、目の前の彼女に倍するほどの体重があるのですから。彼女たちにしてみれば、自身にとって快適な格好をすることで、自然と季節に合ったファッションとなるわけです。

・・・ところが、実際に「季節感のある装いですねえ」というようなことを言ってみたら、彼女の返答は僕の解釈とは異なるものでした。

「違いますよ。私だって暑いです。でも女の子は、頑張って季節の服を着ているんです

そう、彼女によれば、自分だって今日は少し暑いけれど、「この時期はこれ」という流行に乗るように多少の無理をしているのだとか。

ああー、そうだったのか。僕が季節感など無視して好き勝手な服を着ている中、女性たちは頑張って街を彩っていたのです。生き神様のようであります。

一方、僕はサイズ的に「着られる服が見つかってよかったー」と喜ぶような男。とりあえず全裸で外を歩いて捕まらないようにするのがせいいっぱい。しかしだからこそ、僕ができない分まで装ってくれている女性たちに敬意を払いたいと思いました。

これからは、街行く女性を「本当は暑さ、寒さに耐えているんだね・・・辛かろうに」と、おしん(NHK連続テレビ小説)を見るような表情で見守りたいと思います(迷惑)。


posted by スズキ at 01:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も基本的に薄着です。しかし冬の薄着はどうやら貧乏くさく映るらしいですな。関係ないけどホムレスのオジサンは夏でも厚着ですね。
私はもう何年も「数年後には(流行遅れで)着られなくなる」ような衣類を買ってません。重視するのは普遍性。これもまた貧乏ゆえか。
それはそうと、20年ぐらい前にニューヨークの街並みを(写真で)見たとき、Tシャツの兄ちゃんと革ジャンの人が並んでいるのを見てえらく奇異な感じがしたことを思い出します。でも最近の東京はこんな感じになりつつあるよね。冬でも短パンで歩いてる男も多少はいるもんな。
Posted by ライター田中 at 2006年11月20日 12:07
お邪魔します。初めてコメントさせていただきます。
スズキさんのブログ、ほのぼのくすっとさせられる文章で好きです。

女性のファッションですが、真冬に半袖ニットミニスカートなども流行っておりますし、季節感とはまた離れたところに近年存在している気がします。
私は真冬に半袖ニットを着ていたところ(室内)、お爺さま方に、「見ているだけで寿命が縮む、やめて〜」と懇願されたことがあります。
Posted by 葦 at 2006年11月20日 21:18
私も何かというと辛かろうに視線なので、
ぬいぐるみショーとか楽しめないんですよね。
「中の人などいない!」
という境地になれない。
Posted by 砂野 at 2006年11月20日 21:48
コンバンハ!

わはは、そうです女の子は頑張ってるんですよ!

後輩は年から年中室内ノースリーブです。夏は綿、冬はニットの。季節感の頑張りとはちがうかもしれませんが、気持ちをぐっと上げてるそうです。

ちなみに私は夏も長袖、冬は「スノーボーダーかよ」的勢いで厚着派です。上記の後輩や、スズキさんのように冬でも薄着の人を観ると、心からあふれる尊敬の念を抑えることができません。何故、寒くないのか?!どうしてそんな普通の顔をしていられるのか?!貧乏くさくなんかないです。厚着派の羨望のまとです。冬の薄着はカッコいい!応援してるので、そのままでいてください(笑)
Posted by barrymorexx at 2006年11月20日 22:57
>ライター田中さん
そうそう、おっしゃるとおりで!
僕も母から、「貧乏臭く見えちゃうから、暑がりでも少しは冬の格好をしなさい!」って言われます(笑)。
ニュージーランドのほうでしたっけ? 半ズボンのスーツ姿にも衝撃を受けますね。とはいえ、日本の夏も半ズボンのほうが合理的なのでしょうけど・・・夏にスーツは死ぬ思いです。

>葦さん
あらあら、あらあら。どうしましょう。過分なお褒めにあずかっちゃいまして。
とりあえず今、昨日買いすぎたリンゴくらいしかないけど持って行ってね。お家の人にもよろしくね(おばちゃん風)。

さておきまして。寿命が縮む、という感想がいいですね(笑)。寒いのも辛いですが、暑さに耐えるのも大変ですよね。汗かくし、女性はお化粧もあるでしょうし。精神力で汗まで制しているとしたら、女性だけのそのテクについて講習会などを開いていただきたく思います。身につけたい。

重ね重ね恐縮でございます。今後ともどうぞよろしゅうに。

>砂野さん
同じ視点ですなー。
着ぐるみの仕事なんかは、一度で数キロ痩せる、なんて言いますもんねえ。
ガヴァドンやブルトンの中に入ってじっとしているだけでも辛そうです。臭くて狭いサウナ。
Posted by スズキ at 2006年11月20日 23:01
>barrymorexxさん
いやまったく、女性は本当に頑張っておられますよ。後輩さんもすごいですねえ・・・。ノースリーブで夏冬の服を揃えるあたりもこだわりですね。

>冬は「スノーボーダーかよ」的勢いで
僕がたまたま見かけているだけかもしれませんが、季節感にとらわれない外国人、特に白人さんが多い気がします。夏でも長袖トレーナーだったり、冬でも半ズボンだったり。
そんなわけで、夏も長袖というbarrymorexxさんには「欧米か」という今風のツッコミをお送りしようかと。
Posted by スズキ at 2006年11月20日 23:08
おんなのコはタイヘンです。。。w

まだ暑いうちから ブーツを
履きはじめるのです。
おまけに すこしでも足長効果
ふくらはぎ引き締め効果をねらって
高さのあるピンヒールを履くのです。。。

寒くなっても
厚着はしません。
だってぶくぶくしちゃうのが イヤなんですもの。。。

ジブンを虐める感がありますが
おしゃれとは 我慢と背中あわせなモノ
かな。。。w
Posted by ちいたん at 2006年11月21日 23:32
>ちいたんさん
暑いうちからブーツで、厚着を避けるわけですか。
なんだか、下は大火事上は大水、とかいうなぞなぞを思い出しました。

おしゃれとは我慢と背中合わせ。そういえば、不良も暑いうちから長ランでした(悪い例え)。
Posted by スズキ at 2006年11月22日 23:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック