2007年02月07日

漫画雑誌を買っていくいつもの人(僕)

スズキです。
2月になりまして、皆様いかがお過ごしでしょうか。僕はといえば、相変わらずほそぼそと暮らしながら、漫画を読んでおります。

そういや先日、夜中に仕事を終えて、近所のコンビニに週刊少年漫画誌を買いに行ったのです。
うちの近所は大きな書店がないせいか、数少ない雑誌販売店であるコンビニは立ち読み天国(地獄)でして。まともな状態の雑誌を買いたければ早い時間に行くか、もしくはいっそのこと蒲田あたりの駅ビルに行っちゃったほうが良いのです。
さもなければ、すべての雑誌が手汗でぐだぐだ。夏なんか、軽く色が抜けたりしております。

まあ別に、週刊雑誌の状態など細かく気にするわけではないのですが、同じ買うのなら、まともなものを買いたいといいますか。

立ち読みはさておき、コンビニ雑誌です。
僕の場合、まっとうな書店で本を探すときならともかく、コンビニで雑誌を買う場合は、はじめから何を買うか決まっているわけでして。目的の本をサッと手に取って、あとは牛乳かなんかと一緒に買うだけ、という平均所要時間5分以内の客なのです。

で、毎週素早く漫画を買っていく様を店員さんに覚えられてしまったようで。先日店を訪れたときは、本棚近くにいた店員さんが「あ、どうぞ」といつも買っている雑誌を渡してくだすったのです。

きゃー。恥ずかしい。
その店員さんはとても人のよさそうな方なので、親切心でしてくれた行動なのだと思いますが、「いつも漫画を買っていく人」と覚えられちゃっていることにちょっと赤面。

とはいえこのスズキ、今さら漫画と離れられる体ではないのですが・・・でも、しばらく漫画買うところを変えようかな、とも考えてしまう弱気な男でもありまして。

しばらくはいつものコンビニを休んで、大きな書店に行きましょうかね。
でも、今度は大きな書店でも顔を覚えられたらどうしよう。

書店に行って「大将、いつものね」と言ったら決まった漫画が出てくる男。

または、「あれ、旦那、今日はこれだけですかい?」
「ああ、今日は休日なんでな・・・」みたいな。

まあ、なんといいますか。行きつけのバー、とかいうならともかく、行きつけのコンビニというのは格好良くないのでほどほどにしようと考えたのでありました。僕はアル中ならぬ漫中なので、なかなか難しいですが。
そいではまたー。
posted by スズキ at 15:45| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
心温まる店員なのか固定客獲得のマニュアル行動なのか不明ですが、たしかに逆効果もありますね。

Posted by 砂野 at 2007年02月07日 20:56
 あはは。ちょっとお節介な店員ですかね。今度行くときは、変装して行ってはいかがですか(笑)。あっでもスズキさんは体格でわかってしまうので、体も小さくして行ってくださいね。
Posted by ばりゅう at 2007年02月07日 21:17
コンビニの常連客っているけど、店員に馴染みと思われるのは余程のことだね。

コンビニで思い出したけど、私は雑誌を買うとき必ず「袋はいらない」というんですよね。当然とは思うけど、買ったあとで店内はウロウロしない。だけど、雑誌とはいえテープ貼るのやめてくんないかな。仕事柄ってのもあるけど、それだけは納得いかんのですよ。
雑誌はまだいいや。以前新幹線に乗る前に駅構内の書店のようなキオスクのようなところでちゃんとした書籍にテープ貼られたときはさすがに説教しちゃったよw。
Posted by ライター田中 at 2007年02月07日 23:02
>砂野さん
人間、悪いことをしていなくても、知らない人に覚えられたというのはいい気分ではないですもんね。マニュアルだとしたら失敗ですねw

>ばりゅうさん
山田風太郎作品とかの忍者なら、ゴキゴキとか体を慣らして、大男から女性まで体格を変えられるのですけどねえw
店員さん、親切でしてくれたのでしょうけど、ちょっとはずかしかったですね。「漫画の人」とか言われていそう。

>ライター田中さん
あー、本への意識の差はありますね。その店員はひどすぎます。
僕は子供の頃、漫画を買うなりカバー(カラー表紙の部分)をひっぺがして読む友人が信じられませんでした。ああされると、例えば昔のチャンピオンコミックスとか全部灰色で、装丁の区別がつかないんですよねw
最近は紙カバーつけてくれるお店が中心になったのでいいですが。

そういや先日は、逆に過剰なカバーサービスを求めるおっさんを見たのですが、それはまたそのうち。
Posted by スズキ at 2007年02月08日 00:19
1ヶ月=4週間として、蒲田の駅ビル内の3つの本屋と2軒くらいのコンビニに分けて買うようにすれば、「はい、どうぞ」と渡されることもなさそうですけど……めんどくさいですね。
駅ビルに3つも本屋があるけれど、一応すみわけができているんでしょうね。
Posted by しょこら at 2007年02月08日 10:10
あまり好みを把握されるのもねぇ。
普通のマンガ雑誌だけで良かったですね。
Amazonの「おすすめ」みたいに、店員さんなりの新刊までお取り置きされてて、しかも微妙にハズれた感じだったら、どう対処していいのか。
Posted by せい at 2007年02月08日 20:07
なるほど。なかなかのプロ魂を持った店員さんじゃないですか! +アルファの接客がしたかったんですよ、きっと。

ちなみにいつも買っている漫画誌は何ですか。昨今のいじめ問題に鋭くせまった作品が載っていたヤツでしょうか。コンパクトじゃないとこも少年誌(勝手に決めてます)の魅力ですね
Posted by シュー at 2007年02月09日 01:03
>しょこらさん
蒲田は、駅ビル以外にあまり書店ないですもんね。
以前は有隣堂が広くて品揃えがいいのでよく使っていましたが、あそこはホワイトバンドなんかを支援してやがっていたり、英会話の勧誘がいることが多いので他もよく使うようになりました。
変なことしないで、普通に本だけ売っててほしいもんです。

>せいさん
そうですなあ。僕なんかはそこらへん気が弱いので、「ハズれてるなあ」とか思いながらも買ってしまいそうで怖いっす。

>シューさん
なかなか気が利く人、ではあるのですが、ちょっと恥ずかしかったですw

いつも買っている週刊少年誌とは、あまり社会性のあるものではなく、「海賊王に、俺はなる!」ってのが載っている、超メジャー少年誌です。
20年くらい読んでます。20年くらい成長しておりません。
Posted by スズキ at 2007年02月10日 08:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック