2005年07月08日

仮面ライダーになるまで その1

スズキです。

突然ですが、子供の頃から現在まで、夢は仮面ライダーになることです。
あ、精神鑑定とかいらないです。大丈夫。普通に生きてます。

さて。なかなか仮面ライダーになる機会がありません(あたりまえ)が、僕もいつか仮面ライダーになる日を信じて、先輩ライダーのいきさつを復習しておこうと思います。
誰のパターンでライダーになろうかなー。

まず順番に仮面ライダー1号(本郷猛)から。本郷さんはもともと優秀な科学者でIQは600(!)、おまけにスポーツ万能という能力からショッカーに目をつけられ、強制的に改造されました。
続く2号ライダー(一文字隼人)は、外交官の両親とともに世界を飛び回ったため6ヶ国語に堪能で、柔道6段、空手5段の腕前です。


・・・・・・だめだ。ショッカーは僕なんかさらいに来ない(嬉しいような悲しいような)。


軽く劣等感を引きずりながら続けます。

3号、V3(風見志郎)はどうでしょう。
彼は本郷猛の後輩でしたが、悪の組織デストロンの悪事を目撃したことから両親と妹を殺されてしまいます

復讐に燃えて敵基地に乗り込む志郎でしたが、力及ばず瀕死の重傷を負うはめに。
本郷と一文字は彼を救うため、やむなく改造手術を施すのであった・・・。

これはだめだ。
仮面ライダーになるために家族に迷惑はかけられない。重すぎる。やめやめ。
きっついなー、V3。


気を取り直していってみましょうー。
お次は自分の番組を持っておらず、「仮面ライダーV3」中に登場したライダーマン(結城丈二)。
もともとはデストロンに属する科学者でしたが、彼を妬むヨロイ元帥により右腕を失います(酸で腕を溶かされる!)。

機械の腕を装着して、復讐の鬼と化す丈二=ライダーマン。
だがV3の正義の心に次第に共感してゆき、最期はデストロンの兵器を道連れに爆死するのでした。

東京はライダーマンにより救われた。
V3は空を見上げて一言「君こそ、仮面ライダー4号だ・・・・・・」


死んじゃったよ。 だめだめ。


まあもちろん、後の作品で復活するんですけどね。

ライダーマンのパターンだと、政敵に腕を奪われるのが苦しいなあ。前提として、悪の組織に属してなきゃいけないし。
主演番組を持ってないのも痛い(贅沢)。

4号まで思いだしてみましたが、コレっていうのはないですな。

やはり仮面ライダーになるに悲劇を乗り越えないといけないようです。
恐らくは消去法になりますが、また後日、5号ライダーXから考えていきましょう。

どの経緯でライダーになろうかなー(けっこう本気)。


posted by スズキ at 02:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(あまり本題とは関係なく)本郷猛のトコで思いだしたことですが。

昔、サイトといえば科学関係や大学関係が主だったころ。
ふと見かけた学者さんの個人ホームページのプロフィールがこんな感じ。

『凡人には見当もつかぬ最先端科学が研究テーマ、立派な学歴・立派な肩書き、今までに発表した論文や著作の一覧(当然横文字多数)、温厚な人柄と広い教養を感じさせる随筆文、ログハウスを背景にした家族の写真(奥さん&娘1人、奥さん美人で娘はかわいい)、趣味はバイオリン演奏(玄人はだし)と天体観測(ログハウスにはおおきな反射望遠鏡あり)……』

我が家では「ギャラクター(ガッチャマンの悪の組織)にさらわれそうな科学者」に分類されました。

あの頃のアニメや特撮では、科学者ってやたらさらわれるナンギな商売でしたね。
Posted by せい at 2005年07月10日 21:44
娘さん→父がさらわれ、おやっさんのバイク屋に駆け込む
息子さん→父がさらわれる際に瀕死の重傷を負う。みずから改造人間となって戦う

のパターンですから、この場合は駆け込み先が必要ですね。
まずい、はやく仮面ライダーにならないと!(自意識過剰)
Posted by スズキ at 2005年07月11日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。