2008年01月25日

お東陽映画、本日最終日

スズキでございます。
本日がアップリンクさんでのお東陽映画最終日とのことです。

最終日の本日にはお東陽先生も舞台挨拶にいらっしゃるそうなので、お時間が取れる方はぜひ。21:00から80分ですよー。

簡単ながらお知らせまで。スズキも初日に行ってきましたので、そのうちお東陽&ダーティ記念写真もアップいたします。

ちなみに今後、大阪でも上映があるそうです。関西にお住まいの方はこちらもぜひ。それではまたー。
posted by スズキ at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

お東陽映画、明日から!

スズキでございます。

ギリギリの報告で恐縮ですが、スズキめは明日、アップリンクさんにてお東陽映画を観てこようと思っております。

特に明日の18日と25日にはお東陽先生も来られるそうですしね。
もちろん他の日にも日替わりで豪華ゲストが来られるそうですので、どの日に行ってもお得です。多分。

ダーティ工藤監督によれば、ゲストは以下の面々(敬称略・順不同)。
杉作J太郎、青林工藝舎手塚社長、平沢里菜子(女優)、高橋大輔(SMスナイパー編集部)、ゴールドマン(AV監督)、掛札昌裕(脚本家)、石岡正人(映画監督)

ともあれ、スズキめは明日行ってきます。あなたと私の合言葉、アップリンクで会いましょう。
http://www.uplink.co.jp/factory/
posted by スズキ at 21:47| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

猫正月:シンクロ寝写真

スズキでございます。遅ればせながら本年もよろしくお願いいたします。

正月はひたすら実家の猫を撮影しておりましたよ。
2、3ヶ月会わないうちに子猫たちもすっかり大きくなりまして、すでに体格で母猫を追い越す奴も出てきております。
いま8ヶ月くらいでしょうか。

うちの実家のまわりは畑とか野山が多いので飼い方がおおらかでして、たまによその家の猫が来てたりもします。
そういうのを除いても、うちに常駐している猫は11匹。家に上がって寝たりするのは8匹です。

で、その様子です。クリックで拡大します。

猫集合
もうなにがなんだか。

この写真は6匹ですが、8匹が集まることもあります。
8匹のうち1匹は母猫、5匹はその子ども、あとの2匹は母猫の姉妹から生まれた、いわば従姉妹です。従姉妹はどちらもメス。

で、兄弟だの従姉妹だの血縁が集まっているせいか、シンクロ寝もたびたび見られます。

猫シンクロ1
手まで揃っています。

猫シンクロ2
ストーブとコタツの間を占拠。

猫シンクロ3

正面から撮ったらちょっと気づかれた。

ちなみに黒猫がオス、トラ猫がメスの従姉妹です。
黒猫の名は「くま」と言いまして、頭がでかくて体が短い幼児体型。体の太さは随一です。
従姉妹の「しま」は、母猫「ちい」と区別がつきにくいので特別に首輪を与えられました。
じゃれ合うことはありますが、全員仲良しです。

しょっぱなから猫の話と写真ばかりですが、まあ僕はこんな人間でございます。猫第一。

年末年始は猫のことばかり考えておりました(今でも)。
あっ、でも、ネズミ年に猫猫と騒ぐのはよくないんでしょうか。

だが、猫を可愛がったらなくなるような幸運ならこっちから願い下げだチクショウめ。
悪態をつきながら、そいではまた。
posted by スズキ at 17:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

年賀状&餃子+携帯しながら自転車ダメ、ゼッタイ

スズキです。

毎年言ってるんですが、年賀状作りが憂鬱です。
昨年僕が年賀状をお出しした方のお手元に今年は届かなかったら、「ああ、くじけたんだな。だめな奴だな」と思って勘弁してくださいまし。
僕のほうも年賀状が来ないからどうこうとは思いませんので。

いやね、本当は僕だって「年賀状って素敵な習慣ですよね」なんて言ってさらさらと出したいのですが、どうにも面倒。しかも年末年始ってみんな忙しいわけじゃないですか。

……何を言っても言い訳です。とにかく年賀状書きたくないよう。

さて、そんなことは忘れて(忘れるなよ)、某冷凍食品の餃子を買ったときに気になったことなのですが。

写真はクリックで拡大します。

まずは上写真の囲み部分を見てください。油なしで焼ける餃子。これはお手軽ですね。
餃子表

そして裏側。赤い下線部をご覧ください。

餃子裏

……ステップ1で発言ひるがえしちゃったよ。
これは正確には「なんなら油なしでもいける、かも」もしくは、「テフロン加工のフライパンって便利ですよね」と書くところでは?

それとも、「油なし」は「パリッと焼ける」の部分にかかっている言葉なので、コゲつかないように油を使うのはセーフということでしょうか。
つまり、「パリッと焼くための油は確かにいらないけど、コゲつかないための油がいらないとは言っていない」ということかもしれないわけであり、ああもうどうでもいいや。


追伸:
今日自転車に乗っていたら、携帯を見ながら自転車運転しているおばちゃんがぶつかってきました。ぶつかった左手中指が痛いです。
あらかじめよけておいたのに、なんでわざわざふらふらと近づいてくるのですかねー。人体には磁力でもあるんでしょうか。

しかし、自分の身の安全に鈍感な人が多いですね最近。世の中が安全すぎるせいでおかしくなっているのではないでしょうか。
おばちゃんの不注意は見逃しといてあげるとしても、男子が人にぶつかったりしたらすぐさま路地裏に連れて行かれてゲームオーバー、警察にも頼らんってくらいの覚悟が浸透したほうが平和になる気がいたします。
上記のようなことを言うと危ない人だと思われることがあるんですが、別に喧嘩奨励ではありませんで、なんの覚悟もなく甘えて威張っているほうが危険で不健全だと思うのです。

みんな、何を裏付けとして「俺様(アタシ)が通るからみんなどけ」という考えを持つに至ったのでしょう。僕とは違う地球で育ったのかなあ。

話があっちゃこっちゃいきましたが、そいではまた。
posted by スズキ at 18:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

PC購入と猫動画&写真

スズキでございます。

ノートパソコンが壊れたのですよ、いきなり。
いや、いきなりと言っても少しずつ不調になってはいたのですが。

それなりにメンテしながら使ってたのですが、いよいよハード的に限界が来たようです。まあ、いままでよく頑張ってくれていたのでしょう。

で、サポートに電話したところ、修理は結構お金がかかりそう。2年前は一度修理したのですが、現在では修理費に性能が見合わないかも? と思えるようなPCでしたので仕方なしに購入を決意。図らずもプレゼントの季節に新PCのお出迎えとなりました。

今回は大手メーカーのものではなくショップブランドのPCを買いました。余計なソフトがほとんど入っていないのでお気に入りです。以前のPCには、とうとう使わないままだったソフトが大量にありましたし。

まあ、それはさておきまして、先日ひさしぶりに地元に帰ったので猫動画&写真です。
寝起きを撮られてなんとなく不機嫌ぎみの猫たちの動画と、抱き合って眠るのが好きなうちの猫の写真2枚。子猫でしたが、8ヶ月になってだいぶ大きくなりました。

もともとは昨年うちに勝手に住み着いた1匹の母猫から増えたので、みんなその猫の子供もしくは孫です。今は全員避妊手術済み。世話も含めて、大変ですなうちの親も。


猫抱き合い 猫抱き合い2
画像はクリックで拡大します。
posted by スズキ at 04:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

カツフライって何

スズキです。

こないだ近所を歩いておりましたら、居酒屋の前にでかでかと書かれたメニューが。
赤く大きな文字になんとなく目をやりますと、その中のひとつに「カツフライ」というものがありました。

カツフライ!?

確かに時折聞かれる、庶民的な料理を連想させる言葉ではありますが、考えてみると妙です。

カツとフライには料理法の違いや語源により、意味合いが微妙に異なるって話があります。ありますが、それにしたって重なるのはおかしいだろうと。

例えばトンカツ。これはOK。豚肉に衣を付けて揚げました。
次はエビフライ。これもOK。エビをフライ(揚げ)しました。

で、カツフライ。カツとフライがトゥギャザーしちゃってます。
普通は、「食材+調理(揚げ)方法」で決まるはずだった名前が、調理方法だけで合体。

カツを……さらに揚げる? 黒こげな感じ? それとも二重の衣? そもそも何をカツにしてフライしたのか。芯は何? 天かす?
この調子だと、余った材料を使った裏メニュー「トンエビ」とか出てくるのではないでしょうか。生の豚肉とエビがごろりと重なってるだけ。

別の例ですと、「ネギを切ります」これはOK。「ネギを刻みます」もOK。「切る」とはまた出来上がりが変わりますよね。

でも、「ネギを切り刻みます」と言うと、なんだか残酷感アップ。料理のためというより、ネギに恨みがあるように感じてしまいます。
類似用語を重ねるとどこか妙になりますね。やはりカツフライ、揚げすぎ。

・・・まあ、実際のところは安手のトンカツとか、そういうものなのだと思いますけどね、カツフライ。あとは鯨とか?
なんにせよ、こう、外来語への適当感たっぷりの素敵な言葉だと思います。カツフライ。
チャーハンをおかずに白米を食べるみたいなパワーも感じますし。

僕はお酒を飲まないのであまり居酒屋には行かないのですが、一度大声で頼んでみたいものです。カツフライ。

そういや以前、どっかの中華屋(なのにカレーや蕎麦もやっている大衆食堂)で、明らかに「カシカレー」と書いてあるものを頼んだことがあるのですが、出てきたのはカツカレーでした。
僕は発音せずに「これをお願いします」とメニュー指差したのになあ。
菓子が乗ったカレーが出てくるのではないかと、ほんの0.1パーセントほどの期待をしたものです。

まあ全体的にどうでもいい話なんですが、こういう適当感たっぷりの世界も残り続けてほしいなあと思うのでありました。
それではまたー。カツフライ(お気に入り)。
posted by スズキ at 04:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

本日イベントご来場ありがとうございましたー:お東陽写真&動画

スズキです。

皆さま、本日(日付は昨日ですが)はイベントへのお越しありがとうございました。

……とか言っておりますが、本日はお東陽イベントの中でも空前のお運びの少なさ。

まず、メインであるダーティ工藤監督&お東陽先生、そしておまけの僕を入れた3人。

お東陽先生の働きぶりの記録&監視に来てくださっている青林工藝舎さんの手塚社長はじめお三方。
ここまでで6人。

そして、来場されたお客様……4人!

えーっ。
今までは少なくとも20人は来られていて、それなりに盛況だったのですが。

今回は工藤監督のお話も多めにしようと力を入れていたのですが。
まあ、我々なりの力の入れ方なので、まだまだリラックス状態なのですけどね。

そんなわけで、前半はいつもどおりお話していたものの、トイレ休憩をはさんだ後の後半は、客席に座りながらの座談会形式を提案させていただきました。

あんまり人が少ないので記念撮影とかもしました。
参加者の皆さまに写真掲載のご許可をいただきましたのでこちらに。

12月2日記念撮影
真ん中がお東陽先生。クリックで拡大します。

で、その中でダーティ工藤監督が語ったお東陽映画第3弾の情報のひとつは、今作はストーリーもので80分映画だということ。
80分! お東陽で80分! CMも入れれば2時間サスペンスに並ぶ長さですよ。本当に持つのか? という不安に襲われる長さであります。

しかしまあ、ここはダーティ工藤監督の手腕とお東陽先生の演技に期待しましょう。
友情出演として杉作J太郎氏も出演されるそうであります。しかも、詳しくは申せませんがお東陽先生の親族の役。
そういや、どことなく似ているかもしれませんね。

あとは適当な流れで、たまたm工藤監督が行った映画館がハッテン場(いわゆるホモの方の出会いの場)だったとか、若い頃、ソッチを友人と試そうとしてみたけれど入らなかったとか、シモの話に終始していました。ええ。

来年の小正月の頃に渋谷アップリンク様にて公開ですので、楽しみにお待ちくださいませ。大阪でも公開されるそうです。
渋谷アップリンク、初日と終日にはお東陽先生が、他の日にも豪華ゲストがご挨拶されるそうですよ!

ぜひお越しくださいませねー。
そういえば、今日はダーティ工藤監督から、「つまらなくて寝てしまう映画はまだ幸せだ。本当につまらない映画は、つまらなすぎて寝ることも忘れる」という名言がありました。皆さま、とりあえず映画館にお越しになり、安心して見るか寝るかしてください。寝れなくなるほどまずいことはない、はずです。

あまり冗談ばかり言っているとあれですが、お東陽初の長編、ぜひ、その目でお確かめください!
ダーティ工藤、渾身! ……かどうかは確認してませんが、気合は十分のご様子でございました。

あと、「いっぱいお客さん入るといいけどねえ」という監督や我々の期待に対し、「いや、大丈夫でしょう、たくさん入りますよ。根拠はないですが」というお東陽先生の実にカルい太鼓判もありました。
予言を真実に! よろしくお願いいたします。

最後に、ダーティ工藤監督が話しているところをちょっと動画に収めましたのでアップします。
画質とか音質が汚いのはご勘弁をば。

いきなり妙な笑顔でサービスしてくれるお東陽先生→昔と現在のフィルムの違いをまじめに語る工藤監督→来場者様の顔→独自の視点で話をしめるお東陽先生、というだけの動画です。



ちょっとだけですがだけですが、動くお東陽&ダーティをお楽しみくださいませ。
posted by スズキ at 00:56| Comment(3) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

明日お東陽イベントです

スズキです。

一時的にやたら忙しくなりまして、ばたばた動き回っております。
でも、明日はお東陽イベントですね。
ご多忙とは思いますが、皆様ぜひお越しくださいませ。当然ながら僕も行きます。
阿佐ヶ谷のよるのひるねさんにて夜7時からです。

今回は東陽片岡映画第三弾の告知&公開決定記念ということで。
前回も映画完成記念だったのですが、あまり工藤監督のコメントがうかがえなかったので今回はその辺りもお話いただければと思っております。

今年最後のイベントになると思いますので、ぜひぜひー。
簡単ながらお知らせまで。よるのひるねで、僕と握手!(後楽園ゆうえんち風)
posted by スズキ at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

12月2日、お東陽イベント

スズキでございます。出先から携帯で書き込んでいるので簡潔にお知らせなど。

今年最後のお東陽イベント、12月2日夜7時からの開催が決定いたしました。
会場は阿佐ヶ谷のよるのひるねさんです。日曜日の夜で恐縮ですが、よろしければお越しくださいませ。
事前に予約しておくと入場料が割引になるはずですので、お越しになる方はよるのひるねさんまでお電話を。

簡単ながら、よろしくお願いいたしますー。
posted by スズキ at 12:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

通勤時間帯とか、ほんと無理なんで

スズキでございます。
まだお昼ですね。今日はひとつ取材を済ませてまいりました。

午前9時にビジネス街のオフィス取材ですよ。
そもそも、僕が収入も社会的地位も安定しないうえ、近所の人から「あの人、平日昼間でも夜中でも、いつもぶらぶらしてるのよねえ」「この近くで犯罪が起きたらきっとあの人のせいよ。いいえ、捕まるように追い込んでやるわ。地球からいなくなればいいのに」などと言われながら(幻聴)もフリーライターなんぞをやっている理由のひとつは、通勤ラッシュの電車に乗りたくない、もう乗れないと感じたからなのです。

それでもやはり、たまにはこういう時間帯の仕事も来るわけで。

よく鉄道会社もオフピーク通勤とかって呼びかけてますが、僕なんかがたまにピーク時の電車に乗れば、その日はさらに混雑がひどくなるわけで。お互いのため、できるだけオフピークにしたいところであります。

もちろん何時の予定であろうがご依頼はありがたいのですし、取材も楽しいのですが。でも、できる限りラッシュを避けたいのも正直なところ。

もうひとつの解決案としては、僕は早起き自体は平気なので、すごく早く行っちゃったりもしています。早朝に取材地に到着しておいて、見知らぬ町の公園でぼけーっと。とにかくあらゆる手段でラッシュアワー回避。

ラッシュアワー

そういや、むかし銀座線に乗って通勤していた頃、おめかししたお婆さんが混雑した車内で潰されそうになっていたことがあったのですが。あれも大変そうでした。

あまりに混んでいるから周囲も動けず、席を譲るどころではない。お婆さんに気づいている人すら少ない。とりあえずお婆さんが圧死したりしないように手を突っ張って盾になってあげるのがせいいっぱいでした。

でも周囲だけでなく、次からはお婆さんも気をつけてくださると辛い思いをしないかなあと。その時間でないといけない予定なら仕方ありませんが、単なる時間潰しの銀ブラ(死後)であれば少し時間をずらしてゆったりと行くか、もしくは老人パワーで超早朝に電車に乗り込まれるのがいいかと。

もっと車両を増やせ、と鉄道会社を責める手もあるでしょうけれど、小さな努力でどうにかしたいところでもありますね。

えーと、特に真剣に問題意識を持っているわけでもないのですが、久しぶりの通勤地獄に出くわしたのでだらだらと書いてしまいました。

とにかく、できうる限り外に出ずに生きて行きたいと思っています。
だめなことを言いつつそいではまたー。
posted by スズキ at 12:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。