2007年06月16日

とりあえず子猫写真

スズキです。子猫たちを見るため、また実家に行っておりました。
母猫が3匹いるので、子猫も大量です。下写真はそのうちの4匹です。人に慣れているのもいれば、警戒しているのもおります。

子猫写真
(クリックで拡大します)

簡単ながら、ほいではまた。
posted by スズキ at 13:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

コーヒー買い間違い

スズキでございます。

さてさて、僕は特にコーヒー好きというわけでもないのですが、自宅で仕事することが多いので、なんとなくインスタントコーヒー飲んだりしているわけです。

で、先日、間違えてインスタントの粉ではなく挽かれた豆のほうを買ってきてしまいまして。
む、困った。僕は以前はコーヒーメーカーを使っていたものの、「こおひいめえかあなんておしゃれ(そうか?)なもんは俺のガラではないぜゲヘヘヘ」と思い、実家に置いてきてしまったのです。

しかし、これを無駄にするのも忍びないし・・・というわけで、近くの島忠(ホームセンター)で安いドリッパーを買ってきました。カップの上にフィルターを置いてお湯を注ぐだけのやつですね。

買い間違いのせいで余計な買い物をした、と言えなくもないのですが、まあ、インスタント以外が飲みたいときもあるし、これからは安心して買い間違えられる(笑)のでよしとしましょう。

そういや、冬に買ったミキサーもあんまり使ってないなあ。バナナジュースでも作りましょうかね・・・。
posted by スズキ at 20:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

コロッケの値段

スズキです。

突然ですが、皆さまは普段、コロッケっていくらぐらいで買われているでしょうか。
僕は現在、都内の大田区某所に住んでおるのですが、100円くらいするお店が多いのですよ、コロッケ。
正直、高くないですか? コロッケ100円。僕だけの感想かもしれませんが、コロッケって100円の食べ物だという気がしないのです。

もちろんコロッケは好きですし、馬鹿にしているわけではないのですが、お求め安い気軽さもコロッケの魅力だと思うのです。
たとえば、素材にこだわった高級コロッケがあるのなら、それも否定しません。しかし、スタンダードなコロッケは2ケタ円の値段で用意されているべきではないかと。

だん吉なおみのおまけコーナーの人が、いきなりワイン通みたいな顔をはじめても戸惑ってしまうのですよ。いつからそんな偉くなった、コロッケ。

そんなことを常日頃考えながら自転車を走らせておったわけですが、最近、今まで行っていなかったスーパーを2軒見つけまして。
そしたらあった、ありましたよ、納得できる値段のコロッケが。ひとつは大きさはさほどでありませんが39円、もう一軒は大きめのコロッケで62円。素晴らしい。これぞコロッケですよ。というわけで、これからはコロッケを食べたいときにはこの2軒をひいきにしたいと思いますです。

まあ、僕も不精な一人暮らしなので、他の商品の価格まで厳しくチェックしているわけではないんですけどね(笑)。近い店って理由だけで適当に買ったりもしますし。ただ、コロッケの値段というのは、僕にとってツボというか、ポイントだったわけです。
コロッケの値段にこだわりを持つ方が他にどれくらいいらっしゃるかわかりませんが、皆さまの中でコロッケの適正価格とはおいくらなんでしょうか。地方によっても違うのかもしれませんね。

あ、あと、どのスーパーでも野菜コロッケだけが大量に余っているのに、毎回牛肉コロッケやカレーコロッケと同じだけ作っているのも少し不思議です。
売れ残った野菜を消費するために作ってるんですかね。

ひたすらコロッケの話で終わります。
posted by スズキ at 02:25| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

40年前のお嬢さん&ドーナツ(日記)

スズキです。
今日は風が強かったですね。工学院通り(蒲田)あたりを自転車でぶらぶらしておりましたら、同じく自転車で走っていたお嬢さんのキャップが飛んできましたので、拾って差し上げたりしてました。
まあ、40年くらい前にはお嬢さんだった方、ですので、だからどうしたとかそういうお話ではないのですが。

そいから夕べ、久しぶりにミスタードーナツのドーナツ(ややこしい)を食べたのですが、量が多かったのでそれが夕食代わりになってしまいました。
なんでいきなりドーナツかといいますと、金曜の深夜にテレビやっていた映画にて、デニーロが「ドーナツ買ってくる」と言うシーンがありまして、それを見たら食べたくなったと。単純な理由です。

別に1人でたくさん(4つ)も買ってこなくてもよかったのですが、いざお店に入ったら、1つだけ買ってテイクアウトってのもあれかなあ、それにオールドファッションもポン・デ・リングも食べたいなあ、とか考えているうちに増えてしまったわけでございます。
ミスドに行くのはかなり久しぶりでしたが、結構美味しいものですな。下手なパン屋さんよりいいかもしれません。込んでいない平日を狙って、また行ってみたいと思いますです。

なんのオチもなく、帽子を拾ったりドーナツ食べたりして生きておりますです。仕事せねば。ほいではまたー。
posted by スズキ at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

浅草で買い物&冷やし中華の妖精

スズキです。

先日、打ち合わの合間に浅草に行ってまいりまして。なんの用事かと申しますと、明後日の母の日のための買い物です。

毎年、何をあげるか迷ってしまう母の日ですが、今年は母が「帆布のトートバッグが欲しい」と言っているのを聞きましたので、個人的にも気になっていた犬印鞄製作所に行ったのです。

幸いすぐにお店も見つかり、欲しい商品も入手しました。名入れもしてくれるとのことでしたので、その場で母のイニシャルを入れてもらい、宅配便にて発送。年に1回の贈り物、今年は簡単に済んで一安心です。
あとは来月の父の日に何を送るか決めませんとね。うちの父は母と違って何が欲しいとかあまり露にしないので、少し迷うんですよねえ。逆に言えば、物がなんであろうと贈ったことについて喜んでくれるのですが。

しかしまあ、こういう贈り物イベントというのはいいものです。普段は面倒臭かったりでなかなか物など贈りませんが、年に1回くらいはこういう機会があってもいいでしょう。なにより、贈るほうも気持ちがいいですからね。

そいから、帰りに昼食をとろうと、混雑を抜けてお客の少ないラーメン屋さんに入ったのですが、僕の後から来たおばあさんが「冷やし中華ひとつ」と注文していました。僕が今年最初に聞いた冷やし中華コールかもしれません。
いいですなあ。いつの間にか夏がすぐそこでございますよ。このお婆さんはさしずめ、夏を知らせる妖精。とうの立ちまくった妖精。

故郷の母を思い、冷やし中華の妖精に出会い、オカマさんが大量に歩くロック通り近くで初夏を感じた午後でございました。
そいではまたー。
posted by スズキ at 20:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

半袖さんぽ

スズキです。

今日の東京はいい天気で、暖かかったので半袖で出かけてしまいました。皆さんがお住まいの地域ではどんな気候でしたでしょうか。

僕は今日、ちょいと近場に出かけたわけですが、陽気でぼうっとしたのか、間抜けなことに帰りの電車で最寄り駅を一駅過ごしてしまいまして。

で、普段なら当然、反対側のホームに行って戻るわけですが、今日はあまりにいい陽気だったので、唐突に、一駅くらい歩くかあ、という気分になりまして。ぽてぽてと歩いて戻りました。こういう思いつきでの散歩というのも悪くないですね。普段歩かない道を選んだりして。

へー、こんなところに中華屋さんがあったのか、とか、大きい犬を飼っている家があるなあ、とか思いながら、近いけれど馴染みの薄い道を歩いた日曜日なのでありました。

連休と言ってもお仕事の方もいらっしゃるでしょうし、僕も完全にオフというわけではないのですが、一日でもせっかくのいい天気を楽しめる日が設けられるといいですね。

中身のない日記でございますが、そいではまたー。


関係ないですが、弟がまた携帯で撮った子猫写真を送ってきました。1匹、カメラ目線の黒トラがいます。
子猫カメラ目線
posted by スズキ at 00:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

ガーデニング手伝いとかいろいろ

スズキです。
月末だから、ってこともないんですが、いろいろたてこんでおりまして。珍しくお仕事ばかりしておりますですよ。

で、それに重なって週の頭、近くに住んでいる知人のガーデニング手伝いが重なっちゃいまして。といいましても、ガーデニング自体を手伝うのではなく、一緒にホームセンターに行ってタイル買ったり運んだりの肉体労働ですが。

その次の日は、知人が鍼灸院を開業するというので、お店用のドメインの取り方などをちょっと教えるために会いに行っておったりしまして。今回開業するその彼は僕より2、3コ年下なのですが、非常にしっかりした好青年なので、成功してほしいものです。

特にオチもない、近況の日記でありました。月末なんで、本業もばたばたしとります。

そういや、また実家から子猫についてメールが来たので、次はそちらをお知らせしたいです。僕は猫至上主義者なので、ご迷惑でもお聞きくださると幸い。
なんでも、ちいちゃんの母親もまた子猫を5匹生んだそうで、今のところ12匹の子猫が実家周辺にいることになります。

とりあえず写真だけ。クリックで拡大します。
母猫ちいちゃんに群がるまっくろくろすけ。
まっくろくろすけ
posted by スズキ at 22:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

子猫を見てきました:写真あり

スズキです。
先日ちょっとだけ、地元に帰っておりまして。今回の目的はなにより、猫のちいちゃんとその子供たちの顔を拝むことですよ。はい。

まだ子猫といって言い「ちい」は、きちんと育児をこなしているのか。まだ犬小屋から一歩も出てきていないという子猫たちはどうなっているのか。
猫中毒の身としては、居ても立ってもおられずに直接見てきたわけです。

子猫たちはまだまだ小さいということで人間は手出ししていないのですが、出産から10日以上経った最近は、母猫のちいも付きっ切りではなくなってきたようです。
「あっ、そういえば、あたしも子猫だったんだっけ」と思い出したかのように、1日に数回は家にあがってきて、うちの母親(人間)に甘えて眠っています。で、満足すると子猫たちのもとに戻って乳をあげている、と。

一方、子猫たちはというと、成長の早い一匹が2、3歩よちよちと歩いていました。好奇心の強い猫のこと、犬小屋ではおさまりきらずに遊びまわる日も近そうです。
ちなみに子猫の数は、当初5匹かと思っていたものが、実は7匹はいそうだとのこと。7匹って、そんなに産むものなんですかね? 一度に。
今のところ僕たちは手で触れていませんし、常に毛玉となって固まっているので正確な数がわからないのですが。

とりあえず、せいいっぱいアップにして撮ってきた子猫たちの写真を。この写真だと6匹っぽく見えますが、たぶん、陰にもう1匹くらいいます。

子猫かたまり
クリックで拡大します。黒猫の上に覆いかぶさる黒トラがこちらを見てました。

ああ、猫。触りたい。狂おしく触りたい。
増えすぎた猫たちはいずれ飼い主さんを探さねばなりませんので、せめてその前にまた実家に戻り、彼らとのスキンシップで思い出を作らねば。ああ触りたい触りたい。

禁断症状を出しつつ、そいではまたー。
posted by スズキ at 00:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

猫が出産しました

スズキです。

先日、実家からメールが来まして。メールの内容は、以前にも当ブログにてご紹介しました野良(?)猫、ちいちゃんについてでした。
ちいちゃん、現在せいぜい1歳ちょっとのメス猫なのですが、猫の成長というのは早いもので、妊娠しておったのです。

で、そのちいちゃんが先日、いつもどおりうち(実家)にあがりこんで寝ていたら、いきなり破水したと。
お腹はかなり大きくなっており、近日産まれるというのはわかっていたので、犬小屋に用意した段ボール箱に入れたとか。実家には、かつて犬を飼っていた名残りの空き犬小屋があるのです。

今では無事に初産を終え、5匹の子猫を世話しているとか。玄関前の犬小屋で子猫を世話しつつ、腹が減ったら家に上がりこむという万全な子育てライフを送っている模様。

ただ、このペースで毎年猫が増えてしまうと大変なので、無事に子育てが終わったら獣医さんに持っていって避妊するそうです。野良猫とはいえ、毎日ご飯食べに来てるし、半分は飼っているようなものですしね。

また、5匹の子猫に関しても、近隣にもらってくれる人がいないかどうか探すそうです。

こないだまで子猫だと思っていたのに、もう出産と。猫の成長が嬉しかったり、驚かされたりしたのでありました。

下の画像は弟が携帯で撮影したものです。コタツから顔を出しているところ。
なんとなく撮影したらしいのですが、この直後に出産したらしいです。本人もなんの予兆も産気も感じてなさそうな、とぼけた顔しておりますな。

ちいちゃん出産直前
posted by スズキ at 14:51| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

ボールをぶつけられて思ったこと

スズキです。

いよいよ新学期を迎えまして、学生の皆さんは環境ががらりと変わりますね。
クラス替えで一喜一憂したり、「新入生のくせにデカい顔するじゃねえか」「お前どこ中よ?」と騒いだりと楽しい時間を過ごされていることと思います。

うちの近所も、先日までは子供たちの遊び声がキャーキャーワーワー聞こえていたわけです。で、こないだ自転車で走っていましたら、小学校低学年とおぼしき女の子が2人、道端でボール投げをしておりまして。
その道はあまり車も通らない細い道なので、安全上良いことではないにせよ、まあ許容範囲と言いますか、いつも誰かしら遊んでいる場所なのです。
なので、僕もちょっと彼女たちを避けて走行。女の子たちも遠慮して、僕が通り抜けるまではボール投げを停止します。

そして、僕が通り過ぎて、遊びが再開されたと思われたとき。
ぼん。
と、僕の背中になにかが当たる音が。
振り返ると、僕の背中で跳ね返ってぽんぽんと跳ねるビニール製のボールと、棒立ちになっている女の子たちの姿が。どうやら、ワイルドピッチで僕にボールが当たったようです。
子供にボール当てられるって、漫画みたいな光景ですが。

で、彼女たちはどう出るかなーと思い目線を合わせると、ぴょこんと頭を下げて「すみませんでしたぁ!」と言うではありませんか。
こういう元気な礼儀正しさ、気持ちいいですな。人間、不思議なもので、ちょっとした迷惑くらいなら、きちんと謝られると、かえって嬉しいといいますか、いい人に出会ったなーという気分になります。
それに、仕方ないですよね。僕の背中、平均男性の1.5倍、女性と比べるに至っては2〜3倍ありますからね。壁打ちですねもはや。

さておきまして、そんなこんなで気分がよくなってしまった僕は「気をつけてね」と、せいいっぱい大人のような顔をしてその場をあとにしたのでありました。

まあ彼女たちの礼儀正しさは単に、平日に自転車でぶらぶらしてるヒゲのおっさんにしこたまビビっただけという説も有力ですが。
ただ、なんにせよ「トラブルになったら謝まっちゃいけない」なんていう情けないマニュアルを掲げる者が多いこの世の中で、幼い層の中に礼儀正しい人物がいるのは素晴らしいなあと思ったのでありました。

たまにはボールぶつけられるのも悪くないですな(除く硬球や砲丸)。
そいではまたー。
posted by スズキ at 10:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。